トップ紹介

PRコンサルタント研究会(PRCA) 会長
バンブークリエイティヴ株式会社 代表取締役

東京都出身 信州大学卒。テルモ株式会社で医療機器の研究開発、東証一部上場の環境エネルギー関連企業で新事業開発・
マーケティング、人事コンサルティング会社で人材研修・マネジメントコンサルタントを経験後、PR会社勤務。
その後、事業会社の広報マネージャーを歴任後、PRコンサルタントとして独立。
2007年にバンブークリエイティヴ(株)、2010年にはPRコンサルタント研究会(PRCA)を設立し会長に就任。
2007年8月から1年間にわたりフジサンケイビジネスアイの連載「ニュースの仕掛け人 ザ・PR会社」(全53回)の執筆を担当。
国内で活動するほぼすべての主要なPR会社トップに取材をおこない、業界の実態をもっとも知る一人として旧態依然としたPR会社および 業界の革新を目指している。PRコンサルタントとしては、自らの職歴からの専門性を活かして、ヘルスケア(介護医療・健康分野)、環境・エネルギー分野、教育分野を中心にサポートをおこなっている。

実績紹介

書籍

失敗しない

『失敗しない!
PR会社の選び方』(PRCA)

■単行本: 108ページ
■出版社: アート印刷; 初版 (2014/7/20)
■言語: 日本語

PR会社を有効活用したい企業経営者、 担当者必見!PR会社に興味のある方だけ に向けて業界人だけが教える情報をお伝えします。

失敗しない

『儲かる会社はNewsづくり
が上手い』(実務教育出版)

■単行本: 187ページ
■出版社: 実務教育出版 (2004/09)
■言語: 日本語

会社のさまざまな情報を「ニュース化」し、 広告に頼らずマスコミや口コミを使ってビジ ネスをブレイクさせるマーケティングの手法を 事例豊富に紹介します。

問い合わせはこちら

メディア活動

2007年8月より約1年間(計53回)にわたり、フジサンケイビジネスアイにて「ニュースの仕掛け人 ザ・PR会社」の 連載を担当。その他、多数のメディアで記事掲載・執筆実績あり。

雑誌

講演・セミナー活動

「大前研一のアタッカースクール」「リクルートアントレセミナー」などセミナー・講演実績多数。 (これまでの講演セミナー実績は、業界団体・企業主催など延べ100回近く)

社名への思い

こんにちは、弊社代表の竹村徹也です。
弊社の社名「バンブークリエイティヴ」なんか変わった名前だよなあと思われた方も多いのではないかと思います。
「バンブー」はみなさん御存じの通り、日本語で「竹」ですので、私の苗字の「竹村」の一字から取ったものなのですが、
それ以外に私自身のさまざまな想いが込められています。

縁あって、私の姓の一部となった「竹」ですが、この植物、ちょっと大げさな言い方かもしれませんが、今後の世界のあり方を象徴するものではないか、ということにある時気づいたのです。
くわしいことは植物事典などに譲りますが、私が個人的にその可能性を感じるポイントをお話したいと思います。

「木は切ると自然破壊につながるが、竹は切らないと自然に悪影響をもたらす」

木材の伐採により、自然環境の破壊、CO2の増加による温暖化、砂漠化など数々の環境問題が指摘されているのは、みなさんすでに周知の通りだと思います。 この木材の代替材料として、一部で「竹」に注目が集まっています。木は切れば切るほど、環境を破壊するのに対して、竹は切らないと環境破壊につながる。 (ちなみに竹は2-3年で成木になり、もっとも成長するときは、一日で1メートルも 伸びるそうです。これだけでも驚くべきパワーを感じさせますね。)
近年、利用されない竹林が荒れ、一部地域では畑への侵食などの被害をもたらすとの報道もされました。 さらに、産業革命以後の石油中心の工業化が、プラスチック製品などの利用をうながし、昔の日本で利用されていた竹製品などが追いやられてしまいました。

つまり、竹は、西洋発のこれまでの過度な産業化の進展による環境破壊に対して、
自然界からの警告をわれわれ人間社会に訴えているようが気がしてならないのです。

「もっと“竹”を使え」と…。



今後、ビジネスは世界中に横たわる社会的な課題を解決するものが主流になっていくと思いますが、
その象徴(シンボル)となるのがこの「竹」ではないか、と私は直感的に感じたのでした。
さらに、この竹は、日本や中国など東アジアを中心に、東洋にしか生息しない植物だというのも、
これまでの西洋文明へのアンチテーゼとして、将来の世界の方向を暗示しているような気がします。

また、世界の人々が日本をイメージする植物として「竹」というのが非常に多いという話も聞きました。

これは、京都の竹林のイメージからくるのかもしれません。
「竹」が植物の中で唯一 “笑う”植物 であるという説も、明るい未来を予感させます。
現在、国内はじめ、世界中にはさまざまな課題や問題が横たわっています。
環境やエネルギー分野をはじめ、農業・食糧分野、医療・介護や教育問題、など…。
弊社はこれら社会的な課題や問題を、クリエイティブな発想で解決していくために、パブリック・リレーションズ(PR)という、
21世紀最強のソフトウェアを最大限活用して支援していきたいと思っています。

東洋的な価値観をベースに、世界中に散在する叡智を集め、各分野に横たわる課題解決のための政策や施策・具体策などをまとめ、
人々の共感をベースに展開の輪を広げつつ早期解決をはかる。
これをパブリック・リレーションズ(PR)のノウハウを最大限に活用して、日本発で世界中を巻き込むようなムーブメントにして、
ソーシャル・イノベーション(社会変革)の原動力にしていく。

地上では一本一本独立しているように見える竹ですが、土の中では「地下茎」ですべてつながっているところなども、
無数に細分化される各コミュニティ社会が、見えないネットの世界でつながる現代、そして未来の世界と相似形をイメージさせます。
弊社の社名である、

「バンブー/bamoo」(竹)と「クリエイティヴ/creative」(アイデア・創造)

はそのような想いを込めて命名したものなのです。

失敗しないPR会社選び

PRノウハウ資料が無料ダウンロードできる!

メールアドレスを登録

ダウンロード

お問い合わせ

PAGE TOP

"社会をよくする”で世界NO.1のPR会社を目指します!

バンブークリエイティブ株式会社

〒107-0062 東京都港区南青山2-2-8 DFビル5F
TEL: 03-6894-7597 / FAX: 03-6369-4956

Copyright(c) Bamboo Creative All Rights Reserved.