弊社の強みとは

3つの強み

1.ソーシャル・イシュー・ブランディング・プログラム(SIBP)

SIBPとは SIBPは、ソーシャル・イシュー・ブランディング・プログラムの略で、御社の商品・サービスを 社会問題(ソーシャル・イシュー)と結びつけ、その解決策として商品・サービスを位置づけしなおす ことで、売上を中長期的に拡大していく弊社独自のコンセプトです。

説明

社会問題は大きな報道に結びつくことが多く、その結果、自然に御社の商品・サービスに注目が集まります。
さらに、メディア報道で向上した認知・関心を効果的に売上や集客アップに結びつける手法を戦略PRの進化・普及版「ニュース・マーケティング」(登録商標)としてご提供しています。

どんな特徴のない商品やサービスも

tannnaru

実績・事例について

PRコンサルタント

弊社では、パブリシティが業務成果となっている業界の現状を変えるために、PRコンサルタントを前面に打ち出しています。
PRコンサルタントがクライアント企業のビジネスを戦略的に分析し、ビジネス成果を高めるためのPR戦略を立案。
さらに実施のディレクション業務などPR活動全体の全責任を負う役目を果たします。
また、今後PRとの連携が期待されるマーケティング、ブランディング、ソーシャルメディア等との統合を進めながら、ビジネス成果を最大化させる次世代PRのスタンダードづくりを推進していきます。
従来型PR会社ではほとんど存在しないPRコンサルタントが、弊社が事務局となるPRコンサルタント研究会(PRCA)と連携を取り、パブリック・リレーションズ(PR)を基盤にした今後のコミュニケーション全体の統括者としての役目を担っていきます。

コンサルタント

説明

PRCAを見る

メディア

PRのコアコンピタンスはメディア・リレーションズですが、国内ではこれも非常に遅れているのが現状です。
従来型のPR会社では各メディアの研究や情報収集も不十分なまま、メディアに営業まがいの活動を繰り返し、ゴリ押し同然で記事を書いてもらうということが日常的におこなわれています。
クライアント企業や広告代理店からみれば、パブリシティが取れていればそんなことはお構いなしということもあるかもしれませんが、これがメディアのPR会社嫌いを増幅させています。
本来メディアからみれば、自分にとって報道価値があると思われるすぐれた情報提供はありがたいもののはずです。

画像01
オンラインメディア

弊社では、メディア研究や情報収集はもちろん、周辺情報の収集等を徹底的におこない、メディアが向こうから欲しがるようなニュース価値の高いコンテンツづくりを重視しています。
さらに属人的になりがちなメディア・リレーションズのマニュアル化やIT化を推進し、メディア情報の共有などもスタッフ間で定期的におこなうことで、各メディア担当者とパートナーになれるPR体制を築いています。
こうした地道な活動が長い目でみればメディア・リレーションズを効率的におこなうことを可能にし、結果としてビジネス成果に結びついたパブリシティを実現していくのです。

失敗しないPR会社選び

PRノウハウ資料が無料ダウンロードできる!

メールアドレスを登録

ダウンロード

お問い合わせ

PAGE TOP

“社会をよくする”で世界NO.1のPR会社を目指します!

バンブークリエイティブ株式会社

〒107-0062 東京都港区南青山2-2-8 DFビル5F
TEL: 03-6894-7597 / FAX: 03-6369-4956

Copyright(c) Bamboo Creative All Rights Reserved.