PRとは?

PR

一言でいうと「双方向のコミュニケーションであらゆる経営資源を効果的に取り込んでビジネスを成長させる」手法です。
これが最新PRの本質と言えると思います。マーケティングの場合対象は顧客のみになりますが、PRの場合は顧客を含めた社会全体になります。企業をとりまくあらゆる関係者(ステークホルダーと言います)に、各企業ごとに優先順位をつけて戦略的に「双方向のコミュニケーション」を実施します。たとえば対象がメディアであれば、メディアへの情報提供、フィードバックをはかりながら興味・関心を高めて報道を自主的に促していきます。
また、対象が顧客であれば、潜在顧客への双方向コミュニケーションを通じて認知度、興味・関心を高めて顧客が自分から買いたいと思わせるような環境づくりをおこなうことが可能となります。 さらに、人材であれば自ら入社したい、金融機関の場合、向こうからお金を借りて欲しい等々、対象者に応じた戦略的なコミュニケーションを実施していくことで、ビジネス成長に必要なあらゆる要素が向こうから集まるようになるのです。

「PR」と「広告」の違い

「PR」と「広告」の違い

日本では広告代理店が約50年前にPRを取り入れた経緯から、マスコミ報道を仕掛けるパブリシティという認識が定着し広告のおまけという時代が長く続いてきました。
しかし、最近ソーシャルメディアを始めとしたネットメディアの浸透で、情報量が急激に拡大し、既存のマス広告の効果が低下。マーケティングにPRを有効活用する戦略PRが脚光を浴びたこともありPRに注目が集まっています。
そもそもPRの本場である欧米では、PR=パブリック・リレーションズでマーケティングより広い領域を扱うコミュニケーション手法です。
今後、ソーシャルメディアなどのさらなる発展で、企業はもはや顧客との関係だけではビジネスを完結できない時代になりました。

ソーシャル=社会ですから、社会全体との良好な関係づくりをおこなうパブリック・リレーションズ(PR)の視点がますます重要になってくることは明らかです。
広告効果の見直しがPRへの注目を集めることになったのは、国内の歴史からみれば皮肉な結果ともいえますが、日本でもやっとPRへの正当な評価が確立されつつあるという印象です。
ただし、PRと広告は対立するものではなく、お互いの特長をうまく利用してマーケティングをはじめ、ビジネスの効果を最大化していく戦略的な取り組みがより必要になっているのです。

ソーシャルメディアなどの発展により、社会全体との良好な関係づくりを行うパブリック・リレーションズの視点が重要になってきます

PRがもたらすメリット

PRの効果

本来のPRがもたらす効果

①メディア 「取材させてほしい」と記者が向こうからやってくる
②顧客 お客さんの方から「ぜひ売って欲しい」と集まってくる
③人材 「御社に入社したい」といい人材が集まる
④取引先 「御社と取引したい」「業務提携したい」という業者が集まる
⑤金融機関 「お金を借りてほしい」と銀行が頭を下げてやってくる
⑥投資家 「御社に投資したい」という人が集まる
⑦社員 意欲的に仕事に取り組む
これまでのパブリシティレベルのPRではなく、本来のパブリック・リレーションズを戦略的に実施すると、 企業がこちらから出向かなくても、ターゲットが向こうから集まってくるような基盤をつくることができます。

つまり、①顧客(取引先・ビジネスパートナーも) ②人材(社員も) ③お金(金融機関・投資家など) など、 ビジネスの成長に必要なあらゆる要素が向こうから集まる仕組みをつくることができるのが PR=パブリック・リレーションズの最大の効果と言えます。
PRは顧客だけでなく、御社を取り巻くあらゆるターゲットに働きかけが可能な手法なので、 マーケティングだけでなく経営全体から御社の中長期的な成長のベースをつくることができる手法なのです。

本来のパブリック・リレーションズの実践を行うことで、ビジネスに必要なあらゆる要素が集まるしくみを作ることができます

PR会社の役割

日本と米国における「PR」についての違い

PR発祥の地、米国では約100年前に誕生し、日本では約50年前に電通が取り入れました。 この歴史が、PR本来の効果を日本の企業が享受できなかった原因になっているともいわれています。 広告代理店主導でPR=パブリシティという概念が広まり、広告代理店は利幅のよい広告を販売するために、本来のPRの機能を封印してきたとも言えます。 国内のPR会社は、これまで広告代理店の下請け的なポジションで業務をおこなってきたため、その多くがパブリシティの枠から出ることができないのが現状です。

日本国内における、PR業界の現状とは

最近一部の新興PR会社の中には、最新のネット技術やマーケティング手法を取り入れる 動きも出てきていますが、本来のパブリック・リレーションズ(PR)にはほど遠いというのが 現状ではないかと思います。
今のPR会社にないもの、そして今後必要とされるのは、マーケティングより高い次元でビジネス全体を成長させることができる本来のパブリック・リレーションズ(PR)の理論と実践ではないでしょうか。

これから必要とされるのは、マーケティングより高い次元でビジネスを成長させる本来のパブリック・リレーションズです。

弊社の取り組みについて

失敗しないPR会社選び

PRノウハウ資料が無料ダウンロードできる!

メールアドレスを登録

ダウンロード

お問い合わせ

PAGE TOP

“社会をよくする”で世界NO.1のPR会社を目指します!

バンブークリエイティブ株式会社

〒107-0062 東京都港区南青山2-2-8 DFビル5F
TEL: 03-6894-7597 / FAX: 03-6369-4956

Copyright(c) Bamboo Creative All Rights Reserved.